劇団TAKARA
サイトマップ プライバシーポリシー
ホーム・最新情報 劇団概要・代表メッセージ・パートナー募集・資料請求 サービス一覧 タレント・講師募集要項 お問い合せ
ホーム > サービス案内 > 芸能
京劇 >雑技>変面>武術>楽器>獅子舞
     

京劇とは


「東方のオペラ」といわれている京劇は、伝統な中国文化の一つで、北京で形成されたことからその名が付いた。京劇には200年ほどの歴史がある。その由来はいくつかの伝統の地方劇に遡り、特に18世紀に流行っていた中国南方の地方劇「徽班」の影響が一番大きい。
1790年、最初の徽班が北京に集まり、乾龍皇帝の生誕祝賀公演に出演した後、いくつの徽班が相次いで北京に集まった。徽班は流動性が強く、他の演劇の演目や表現方法を吸収するのに工夫していた。北京には数多くの地方劇が集まっていたため、北京に集まった徽班は、他の地方劇の良い所を積極的に吸収し、その芸術性が著しく向上された。
その後、数十年をかけて京劇が形成され、中国最大の演劇文化となった。梅蘭芳、程硯秋、尚小雲、荀慧生、最も代表的な「四大名旦(4大名女優)」である。この4人は独自の流派を創作することなど、京劇の革新や発展をさせた。また梅蘭芳先生は初めて京劇の海外公演を日本で行った。

梅蘭芳先生

京劇は四功:「唱」(歌い)、「念」(読み上げ)、「做」(演技)、「打」(立ち回り)、「舞」(踊り)五法:「手」(手の動き)、「眼」(目の動き)、「身」(体の動き)、「法」(動きの要領)、「歩」(立ち方、歩き方)を一体に、独特な仕草を通して物語を演じ、芸術性の高い総合的な舞台演劇である。京劇の役柄は主に生(男性)、旦(女性)、浄(男性)、丑(男性)の四つに分けられている。

また京劇はそれほど舞台道具を使いません。例えば一つの鞭を使い、馬に乗っているのを表現したり、足の動きによって船に乗っているのを表現したりすることが多く、役者の演技力によって観客がそれぞれご自身でその場面が想像でき、京劇の深さに魅了される。



 
演目紹介
 
 
日本でも有名な『西遊記』中の孫悟空を中心とした演目
  例(一部)
『孫悟空 天宮で大暴れ』 『孫悟空 龍宮で大暴れ』 
『孫悟空VS白骨精』 『孫悟空 仙桃を盗む卷』
 
代表的な中国歴史『三国志』を中心とした演目

 例(一部)
『張飛と馬超』 『長坂坡』 『赤壁の戦い』

その他の人気演目 

その他演目(例): 暗闇の中で戦う『三岔口』 英雄の物語『岳飛伝』など多数


 
 
サービス一覧へ戻る 
 
 
雑技演目紹介
変面紹介
武術演目紹介
民族楽器演目紹介
獅子舞紹介





 
 
ページトップ
〒354-0036埼玉県富士見市ふじみ野東1-2-2-302 TEL:049-293-5848 FAX:049-293-5849
                Copyright(C) Office.takara All Rights Reserved